屋根

屋上を防水して自宅を守ろう|優良業者の見分け方

丁寧な施工と保証

家

雨水をしっかりとブロック

一般的に建物の屋上では、10年に1度のサイクルで防水工事が行われています。これは、屋上の床にはゴムシートや塩ビシート、またはウレタン塗膜が張ってあるのですが、これらの耐用年数が約10年となっているからです。耐用年数をオーバーすると、劣化により隙間が生じ、そこから雨水が入りやすくなるので、その前に防水工事で交換しておく必要があるわけです。そして防水工事は、インターネットの口コミなどで高い評価を得ている業者に依頼することが大事です。というのも屋上の防水工事は、わずかな雨水も侵入させないようにするため、隅々まで手を抜かずに丁寧に行うことが肝心となっているからです。具体的には、最初に旧シートや旧塗膜を除去し、塵なども全て洗い流し、床を完全にクリアな状態にします。その上で隙間なく接着剤を塗布し、シートを張ったり塗料を塗ったりするのです。こうすることで屋上の床は、約10年もの間、雨水をブロックできるようになるのです。しかし丁寧に施工をしても、環境によってはシートや塗膜に問題が生じることがあります。たとえば暑い日が続き、シートや塗膜の内側のわずかな気泡が熱で膨らむと、部分的に盛り上がって見えるようになるのです。そのため業者の中には、そういったトラブルに備えて、5〜10年の保証期間を設けているところもあります。そこに施工を依頼した場合には、必要に応じて速やかに補修してもらえるので、安心できると言えます。

雨漏り

雨漏りは早めに修理

雨漏り修理をする時は、屋根の診断からスタートすると確実です。診断結果を把握して、改めて見積りを取るようにすれば、業者のやり方が妥当が否かが分かります。施工が始まる前の相談では、料金や方法について業者をじっくりと話し合うことが大切です。

ベランダ

塗装またはシートの接着で

ベランダの防水工事では、ウレタン塗料やガラス塗料、または防水シートが使われます。そちらにもメリットとデメリットがあるので確認することが大切です。また、どちらも最初にベランダの補修を行なってくれるのが魅力ですよ。

作業員

湿気の影響を防ぐため

大阪では、湿気によるトラブルを回避するために防水工事が多く行われています。さまざま施工法があるので、効果の高さや耐久性などから事前に知っておくと業者を選びに役立ちますよ。